母の存在と、わたし。【その1】

こんにちは。
前橋の広瀬町で、お客様の『健康と美』を叶えるために
根本的原因の改善を目指しています。
セニュン、高橋ちひろです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
お読みいただき、本当に嬉しいです。<(_ _)>

オープン4年目を迎えて思うこと。

おかげさまでセニュンは無事に4周年を迎えることができました。

これもサロンに来てくださるお客様、
私のことを陰で支えてくださる周囲の方々、
応援してくれている家族のおかげ様です。

本当にありがとうございます。
本当に感謝でいっぱいです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

わたしが今、サロンでお客様の健康と美を叶えるためにいる意味。
大きく関係しているのが母の存在なんです。

今までそんなに話していない…いや…話せなかった
私の、今は亡き母のことをお話したいと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

母はシングルマザーで家計を支えるために、40歳からスナック経営をしていました。
当時、血圧が高めで降圧剤(血圧の上昇を抑える薬)を飲み始めてから5年くらい経っていました。

スナックですから当然、お酒を飲むわけです。
帰宅は当然ながら深夜か朝方。
生活・食生活にも不規則な日々を過ごしながら、当時高校生の兄と小学生だった私を支えてくれていました。

しばらくして母は再婚し
その後の体のことも考えたのでしょう。
周りの意見もあり、悩んだ末スナック経営から引退しました。

そして55歳。
それまでずっと肥満、高血圧、不整脈、心臓肥大も指摘されたこともある母は健康を考え、耳ツボダイエットで10㎏痩せることができました!!
やせたらスマートになり、洋服が大好きだった母はおしゃれを楽しんでいました。
健康的に痩せられたので、中性脂肪も平常値までさがりました!!
この結果には母もビックリして喜んでいました。


やがて私が結婚。長男を出産し、二人目がお腹にできてすぐのこと。
母が痩せてから、4年くらいが経っていました。

ある朝。
『今朝すごく胸が苦しくてさ。部屋ん中で、のたうち回ってたんだよ!!
冷汗もすごくて…』と、母。
毎月、内科に不整脈などの定期検診に行っていた母。

『それ、尋常じゃないでしょ!!発作じゃないの?!』
私は急いで循環器病院へ連れて行きました。

案の定、心臓の病気。
『狭心症』と診断され、そのまま即検査入院。

母本人は、薬を飲みながらも今までそれなりに元気だったので、危機感はなかったと思います。発作だっておさまればいつもと変わりなく、ケロッとしてます。

でも現実はー。
次に発作があったら何があるかわからない危険な状態。
私は医師に聞きました。
『不整脈があるから毎月、定期検診に行っていたけど何にも不調なかったんです!
どうしてですか?』

医師『定期検診をしてる時は発作は起きていないですよね?
発作が起きてるときに調べないと病状はわからないんです。』
と言われました。

その時の私は正直、今より知識がありませんでした。
なんで??じゃ、定期検診はなんだったの?
という思いだけが頭の中でグルグルしていたのを今でも良く覚えています。


私を出産する為の入院経験があった以来、27年間入院経験がない母。
この日から、入院生活が始まりました。

 

長いお話をお読みいただきありがとうございます。
つづきは【その2】に続きます。<(_ _*)>